準中型免許を取得すればすぐに軽トラックを運転できる

平成19年以前の道路交通法において、免許はただ「普通免許」と「大型免許」の2つしか区分はありませんでした。そこから平成19年6月に道路交通法の改正が行われ、小型と大型の間に位置するように「中型免許」が新設されたのです。そして平成29年にはまた新しく「準中型免許」が設けられる予定となります。運転できる車の大きさを小さいほうから並べてみると「普通免許」「準中型免許」「中型免許」「大型免許」となるため、準中型免許は普通免許と中型免許の中間にある免許と考えれば良いでしょう。なぜこのような区分を設けたかと言うと、産業がトラックドライバーの数を必要としているから、と考えられます。従来の中型免許は普通免許の経験2年以上という縛りがあったため、実質20歳からしか取得することはできませんでした。それが準中型免許では直接試験で取得することができ、18歳からトラックに乗ることができるようになるのです。教習所でも実際にトラックを運転することになるため、普通免許から取得するよりも安全性が向上したと捉えることもできます。

準中型免許で運転できる車

準中型免許では「車両総重量7.5t未満」「最大積載量4.5t未満」「乗車定員10人以下」という車両に乗ることができます。最大積載量というのは「積めることができる荷物の総重量」です。この場合は4.5tとなります。車両総重量というのは「最大積載量+最大の乗員定員数(この場合は10人)+車の重量」を指す言葉です。準中型免許では7.5tとなります。では具体的にどのような車に乗れるのかというと、それは2tトラックです。中型トラックや大型トラックに乗ることはできません。2tトラックは車両総重量が5tで最大積載量が3tのものなので準中型免許でも乗れる車に該当します。4tトラックの車両総重量は8tで最大積載量が5tとなるため、0.5tほど準中型免許の基準をオーバーしてしまうのです。基本的には準中型免許で乗ることが出来るものは小さめのトラックや軽トラを想像しておきましょう。大規模な物資を運ぶことはできませんが、普通車とは比較にならないほどの運搬性能を発揮するため需要の高い免許と言えます。

普通免許とるなら今です!

平成19年における道路交通法改正前の場合、普通免許さえ所持していれば車両総重量8t、車両積載量5tのトラックを運転することができました。これは4tトラックを運転できることを示しています。平成19年における改正によって普通免許では車両総重量5t、最大積載量3tのものまで運転できるよう範囲が制限されました。そして平成29年の改定により普通免許所持者は車両総重量3.5t、最大積載量2tまでの車しか運転することはできなくなります。免許の新しい区分が新設されるたびに普通免許で運転できる車の範囲が狭まっているのです。ただ既に普通免許を取得している場合には新しく制限をかけられることはないため、既得権益の侵害にはなりません。平成29年に改定が行われた後で新しく免許を取得する方に制限がかかるだけです。この場合、大型ワゴンやSUV、キャンピングカーなど車種によっては運転できなくなってしまうものもいくつか出てくるという問題があります。トラックでなくても大型の車両を運転するには準中型免許が必要になるかもしれません。

合宿免許は一人で参加しても安心です

合宿免許はグループで参加しているケースもありますが、実際には一人で参加しているケースの方が多いようです。免許の取得に当たっては実技の他に講習があり、講習はまとめて多くの人と一緒に受講します。通学ですと毎回違う人たちとの受講になりがちですが、合宿免許の場合、同じ日に入校した人の座学講習は同じようなプログラムにするケースが多いので、だいたいいつも同じ人たちで受けることになります。さらに自動車学校によっては、受講者管理の都合から毎回固定した席にするケースがあります。いつも席が一緒ですと顔と名前も憶えますので、けっこう話がしやすくなります。また、合宿免許の食事は大食堂などみんなで一緒に取ることが増えます。そうしたときに一人で食事をしている人の隣に座って話しかけてくれる人はけっこういますので、そういう人がいたらチャンスを逃すことなく話をすればけっこう簡単に友人ができます。自動車学校で得た一生ものの友人というケースも多々ありますから安心して下さい。

相部屋でも安心です

合宿免許では同部屋になった人との相性というのが重要です。もちろん自動車学校側もそれはちゃんと理解していて、住んでいる場所などから出来るだけ問題の無さそうな組み合わせにしてくれます。相部屋だと静かな空間になるのが嫌で不必要に話しかけたくなると思いますが、静かにしていても相手は別に気分が悪くなっているわけではないので、話しかけることに不安があるようであればこちらから積極的に話しかけるのではなく、相手からの投げかけを待つというのも手です。初めて会う人同士ですからいきなり親しくなる必要はなく、少しずつ会話をしていけば合宿免許の取得期間中くらいは特に問題なく過ごすことが可能です。それでももし同部屋の人と上手くいかないと思ったケースは、遠慮無く自動車学校に相談しましょう。自動車学校側もそうした相談を想定して、部屋の組み合わせを変更したり、話ができるような場所を設定してくれたり、いろいろと配慮してくれます。

女性でも心配要りません

かつては男性が多かった合宿免許ですが、現在では参加する女性がけっこうたくさんいます。もちろん一人で参加している人もたくさんいます。多くの場合、女性の参加者は男性とは別の宿になっていることが多く、セキュリティ面でしっかりとしたところが選ばれているようです。同じ宿であっても女性専用フロアーを用意して、男性が立ち入れないようにしてくれているケースもあります。最近では、アメニティの充実している宿や指導員を優先的に女性指導員にしてくれるなどといった滞在中に快適な受講が出来るように初めからプランが作られているケースも多くあります。また、急な体調不良などによるお休みなどに対しても専門の女性相談員などを配置して対応してくれるケースもあります。特に女性専用プランを用意しているケースでは、様々な相談がしやすくなるようなフォローも込みになっているケースも多く、自動車学校側も女性の参加者に対して様々な配慮と便宜を図っています。

合宿免許での自由時間の過ごし方と量の門限の理由について

合宿免許を取得中の自由時間は日によって大きく違ってきます。

3時に学科や実技の教習が終わってしまう日もあれば、夕方まで詰まっている日もあります。

検定が近づいてくると午前と午後で1つずつしか教習のない日もあったりするので、

自由時間はまちまちのようです。

合宿免許だからと言って授業が毎日朝から晩まで詰まっているという心配はなく、

ある程度余裕をもってカリキュラムが組まれている教習所がほとんどです。

その理由はやはり車の免許を取る練習をするので、当然車に乗って実技を行うわけです。

その時に集中力が保てないほどに教習を詰めてしまったり、逆に大切なルールを覚えるための学科の時間に多くの生徒が疲れ果てて寝てしまうようなことがあってはいけません。

そのような事情を考慮して、1日に4コマ~7コマ(1講義40分~50分)でカリキュラムを組んでいる教習所が多いです。

従って、自由時間が4時間以上ある日もあれば、1コマやって1コマ分の休憩など細かく時間が空く日もあるということを覚えておきましょう。

自由時間の過ごし方

暇つぶしに関しては、合宿免許先がどこであるかによっても大きく違ってきます。

周囲にお店やレンタルショップなどがある場合はラッキーで、買い物に行ったりDVDをレンタルしたりして時間をつぶすことができます。

また今ではスマートフォンやiPadなどで何でもできる時代なので、ゲームをしたり免許を取得するための確認問題をしたりして時間を潰したり、

3DSなどのゲームが好きな人は持っていけば、静かな環境でのびのびと楽しむことができるでしょう。

また、ノートパソコンがある人は持っていく人もいるようですが、サイズが大きいとかさばったり、

教習所で持ち歩くのには荷物になることもあるので注意しましょう。

寮に門限がある理由

教習所の近くに寮があったり、近くではなくても毎日無料バスで寮から教習所まで送ってくれるようなサービスを行っている教習所もあります。

寮はほとんどの場合、男子寮、女子寮があって女子寮には男子は立ち入り禁止としている寮が多くなっています。

また門限については、あるところとないところがあります。

主に教習所が直営している宿泊施設である場合は門限が設けられていることが多いようです。

門限の時間はだいたい10時から11時くらいが多くなっています。

門限を設けている理由としては、教習所にとっては合宿機関は生徒であるので何かあってはいけないことと、

免許を取ることが目的で宿泊しているので、夜中の外出の必要がないことです。

夜遊びなんかしていて、翌日の教習で寝不足であるとかお酒が残っているという事態になれば勉強をすることもできません。

教習所としては寮の門限のルールを設けて、生徒を安全に健康な状態で(睡眠不足等がないように)生徒に指導をすることを目指しているのです。

宿泊先についてはホテル等の宿泊先もあるので、どういった形で泊まり込みの勉強をするかを事前に調べておくようにしましょう。