合宿免許は一人で参加しても安心です

合宿免許はグループで参加しているケースもありますが、実際には一人で参加しているケースの方が多いようです。免許の取得に当たっては実技の他に講習があり、講習はまとめて多くの人と一緒に受講します。通学ですと毎回違う人たちとの受講になりがちですが、合宿免許の場合、同じ日に入校した人の座学講習は同じようなプログラムにするケースが多いので、だいたいいつも同じ人たちで受けることになります。さらに自動車学校によっては、受講者管理の都合から毎回固定した席にするケースがあります。いつも席が一緒ですと顔と名前も憶えますので、けっこう話がしやすくなります。また、合宿免許の食事は大食堂などみんなで一緒に取ることが増えます。そうしたときに一人で食事をしている人の隣に座って話しかけてくれる人はけっこういますので、そういう人がいたらチャンスを逃すことなく話をすればけっこう簡単に友人ができます。自動車学校で得た一生ものの友人というケースも多々ありますから安心して下さい。

相部屋でも安心です

合宿免許では同部屋になった人との相性というのが重要です。もちろん自動車学校側もそれはちゃんと理解していて、住んでいる場所などから出来るだけ問題の無さそうな組み合わせにしてくれます。相部屋だと静かな空間になるのが嫌で不必要に話しかけたくなると思いますが、静かにしていても相手は別に気分が悪くなっているわけではないので、話しかけることに不安があるようであればこちらから積極的に話しかけるのではなく、相手からの投げかけを待つというのも手です。初めて会う人同士ですからいきなり親しくなる必要はなく、少しずつ会話をしていけば合宿免許の取得期間中くらいは特に問題なく過ごすことが可能です。それでももし同部屋の人と上手くいかないと思ったケースは、遠慮無く自動車学校に相談しましょう。自動車学校側もそうした相談を想定して、部屋の組み合わせを変更したり、話ができるような場所を設定してくれたり、いろいろと配慮してくれます。

女性でも心配要りません

かつては男性が多かった合宿免許ですが、現在では参加する女性がけっこうたくさんいます。もちろん一人で参加している人もたくさんいます。多くの場合、女性の参加者は男性とは別の宿になっていることが多く、セキュリティ面でしっかりとしたところが選ばれているようです。同じ宿であっても女性専用フロアーを用意して、男性が立ち入れないようにしてくれているケースもあります。最近では、アメニティの充実している宿や指導員を優先的に女性指導員にしてくれるなどといった滞在中に快適な受講が出来るように初めからプランが作られているケースも多くあります。また、急な体調不良などによるお休みなどに対しても専門の女性相談員などを配置して対応してくれるケースもあります。特に女性専用プランを用意しているケースでは、様々な相談がしやすくなるようなフォローも込みになっているケースも多く、自動車学校側も女性の参加者に対して様々な配慮と便宜を図っています。

合宿免許での自由時間の過ごし方と量の門限の理由について

合宿免許を取得中の自由時間は日によって大きく違ってきます。

3時に学科や実技の教習が終わってしまう日もあれば、夕方まで詰まっている日もあります。

検定が近づいてくると午前と午後で1つずつしか教習のない日もあったりするので、

自由時間はまちまちのようです。

合宿免許だからと言って授業が毎日朝から晩まで詰まっているという心配はなく、

ある程度余裕をもってカリキュラムが組まれている教習所がほとんどです。

その理由はやはり車の免許を取る練習をするので、当然車に乗って実技を行うわけです。

その時に集中力が保てないほどに教習を詰めてしまったり、逆に大切なルールを覚えるための学科の時間に多くの生徒が疲れ果てて寝てしまうようなことがあってはいけません。

そのような事情を考慮して、1日に4コマ~7コマ(1講義40分~50分)でカリキュラムを組んでいる教習所が多いです。

従って、自由時間が4時間以上ある日もあれば、1コマやって1コマ分の休憩など細かく時間が空く日もあるということを覚えておきましょう。

自由時間の過ごし方

暇つぶしに関しては、合宿免許先がどこであるかによっても大きく違ってきます。

周囲にお店やレンタルショップなどがある場合はラッキーで、買い物に行ったりDVDをレンタルしたりして時間をつぶすことができます。

また今ではスマートフォンやiPadなどで何でもできる時代なので、ゲームをしたり免許を取得するための確認問題をしたりして時間を潰したり、

3DSなどのゲームが好きな人は持っていけば、静かな環境でのびのびと楽しむことができるでしょう。

また、ノートパソコンがある人は持っていく人もいるようですが、サイズが大きいとかさばったり、

教習所で持ち歩くのには荷物になることもあるので注意しましょう。

寮に門限がある理由

教習所の近くに寮があったり、近くではなくても毎日無料バスで寮から教習所まで送ってくれるようなサービスを行っている教習所もあります。

寮はほとんどの場合、男子寮、女子寮があって女子寮には男子は立ち入り禁止としている寮が多くなっています。

また門限については、あるところとないところがあります。

主に教習所が直営している宿泊施設である場合は門限が設けられていることが多いようです。

門限の時間はだいたい10時から11時くらいが多くなっています。

門限を設けている理由としては、教習所にとっては合宿機関は生徒であるので何かあってはいけないことと、

免許を取ることが目的で宿泊しているので、夜中の外出の必要がないことです。

夜遊びなんかしていて、翌日の教習で寝不足であるとかお酒が残っているという事態になれば勉強をすることもできません。

教習所としては寮の門限のルールを設けて、生徒を安全に健康な状態で(睡眠不足等がないように)生徒に指導をすることを目指しているのです。

宿泊先についてはホテル等の宿泊先もあるので、どういった形で泊まり込みの勉強をするかを事前に調べておくようにしましょう。

最短で免許も取れて観光もできるがメリハリが必須です

免許を取得する際に苦労したことは、座学と実技の両方だと改めて思いました。まず、座学は合宿という短い時間の中で、仮免試験を合格するために、毎日ぎっしりと勉強した記憶があります。ひたすらに暗記してミニテストをやった記憶は今でも忘れられません。仮免試験を落としてしまうと1週間余分に金額だけ払い同じ日に入校した方々とは遅れて卒業しなければならないので必死に勉強しました。

Continue reading “最短で免許も取れて観光もできるがメリハリが必須です”

私の合宿免許体験談

元々車が運転したくてではなくてとりあえず免許をとらなきゃというモチベーションがない状態で参加したので、車を運転するのがとても怖かったです。隣で教官が座っていて危なかったら手を出してくれるしブレーキも踏んでくれるという状況でしたが最初は本当に怖かったです。

Continue reading “私の合宿免許体験談”

計画的に行こう、楽しい合宿免許

合宿免許は2週間程度と通学での取得と比較して短期間で取れることがウリですが、その2週間に修了検定、仮免許の学科試験、卒業検定をクリアしなければなりません。

そして、学科試験を受ける2日前までに効果測定を合格しなければならないのですが、合格までに必要な日数を逆算すると数日しか勉強期間がありません。 Continue reading “計画的に行こう、楽しい合宿免許”

2週間合宿免許が大変だったけど毎日ドライブ最高です

実技では、一人風変わりな教授がいて、すぐにキレ気味でお話するのですが、なまりもあるので何を言っているのかわかりません。
聞きなおすともっと力みながら話すのでもっとなにを言っているのかわからないし、もう一度言いてくださいや、質問は、無視されます。

Continue reading “2週間合宿免許が大変だったけど毎日ドライブ最高です”

合宿所は交流があって楽しい!辛いときも相談できるのがメリット

合宿免許といっても、2週間のまとまった期間が必要だったので、思っていたよりも長く感じました。
設備重視で選んだこともあり、自宅からかなり遠いところに通ってしまったので、荷物が足らないからといって取りに戻るわけにもいきません。
メイク道具やスキンケア道具、洋服などは多めに持っていくなどしましたが、それでも自宅から2週間離れるというのは精神的に疲れるものがありました。

合宿免許は簡単という話を、通常の教習所で免許を取った友人から聞いていましたが、そのようなことはなかったです。
2週間ただいればいいだけっていうわけでもないですし、しっかり講義も受けて教習も受けて・・・という毎日です。
友人が通っていた合宿免許は、女性教官が多く優しいという話でしたが、私が通っていたところはすべて男性教官のみ。
受付とか、相談窓口的なところは女性が対応してくれましたが、路上教習とかは正直厳しいな~と思ったこともあります。
合宿免許=楽、というのは間違っていると感じました。

一般的な教習所の場合は、先生と自分一人で路上教習だったり、授業も知り合いがいないと一人ぽつんと話を聞いているだけ。
でも、合宿免許なら、毎日一緒にいるメンバーなので寂しいとか、つまらないということがありません。
合宿所にもよるのかもしれませんが、私が通ったところは食事がいまいちでした。学生時代に食べた給食という感じでしょうか。
ただ、外食してもよかったので、毎日のように同じ合宿所のメンバーと外食に出かけるのは楽しかったです!
県外の合宿所ということもあって、普段なかなか行けないお店に行けるのも楽しかったですね。
大人になってから、大勢の人たちと毎日一緒に過ごす機会ってなかなかないものなので、久々に学生時代に戻ったような気持ちで毎日楽しく過ごしていました。
教習に関しては、一般的な教習所を知らないのでわかりませんが、いたって普通だったと思います。
ただ、うまくいかない時とか、教官に怒られたときなんかでも仲間がいるってだけで気持ちが切り換えられて楽しめました。

合宿免許の口コミを見ていると、多種多様ですよね。それは、合宿免許の施設、教官がすべて同じレベルのものではないからです。
何を重視するかにもよると思いますが、ボロボロの施設で2週間も絶対過ごせないっていう人は、しっかり施設の写真を載せているところから選んだ方がいいと思います。あとは、築年数とかわかるようなら調べてみてもいいかもしれないです。写真が設立当時の物で、行ってみたらボロボロってケースもあると思うので。
教官が厳しいとかやさしいとかいうのは、行ってみないと分からない部分だと思います。
普通の教習所でも、教官の厳しさに差はありますから、その点は2週間だと思って割り切るべきかなと。
あとは、一人で行くのが不安なら友達と参加するといいと思います。
合宿教習所に参加する人の性別、年齢、職業はバラバラです。
自分と話が合うような人がいるかどうかなんて、正直通ってみなければわからない部分があります。
その点、気の知れた人と一緒なら不安も少ないかもしれません。

事前の合宿免許サービスの下調べと予約の時期が大切です

私が合宿免許を数ある選択肢の中から選んだ理由は、まず集中的に講習をうけたり実技を受けたりできるので忘れたりすることなくスムーズに段階を経て免許をとれるだろうと思ったことと、2週間という短期間で集中的にとれるので一番効率がいいだろうと思ったことです。

大変だったのは大きく分けると2つぐらいあって、一つは金銭面、一つは自由度です。まず一つ目に金銭面に関していうと多くの人が合宿免許を選ぶ一つの理由として価格の安さがあると思いますが夏休みなどの多くの学生が休みの時期は普通に高いです。

Continue reading “事前の合宿免許サービスの下調べと予約の時期が大切です”