事前の合宿免許サービスの下調べと予約の時期が大切です

私が合宿免許を数ある選択肢の中から選んだ理由は、まず集中的に講習をうけたり実技を受けたりできるので忘れたりすることなくスムーズに段階を経て免許をとれるだろうと思ったことと、2週間という短期間で集中的にとれるので一番効率がいいだろうと思ったことです。

大変だったのは大きく分けると2つぐらいあって、一つは金銭面、一つは自由度です。まず一つ目に金銭面に関していうと多くの人が合宿免許を選ぶ一つの理由として価格の安さがあると思いますが夏休みなどの多くの学生が休みの時期は普通に高いです。

通常通いで免許を取得しようとしても約30万円程度はかかるかと思いますが自分も合宿では32万円かかりました。ただそれには現地での宿泊費と食費込ですのでそう考えると安いの通常より安いのかもしれませんがまとまった金額が必要になるのは変わりありません。それから自由度がとても低いです。

私はホテル宿泊だったのですが現地でたとえ仲良くなった人らがいたとしても自分の部屋や自分のホテルに連れ込むことは断じてできません。もし発覚した場合即退学で帰らされ支払ったお金は返金されません。何人かそれで帰らされている人を自分は見ました。

とは言っても自分は合宿免許を選んで2週間現地で過ごさなければならなかったので、何とか縛りの多いなかでも楽しまなければならないと思いました。私は友人と都合が合わずに一人で合宿免許に参加したので現地での行動は基本一人か現地で仲良くなった友達とでした。

楽しかったのは現地で出会った人たちと飲みに行ったりすることや合宿から帰ってきて遊びにいったりすることでしたかね。あと自分自身車の運転が好きなので座学ではなく実技演習のほうは常に楽しかったです。ただ自分の教官についた人がとても厳しい人だったのでいやだなあと思うことは正直無くはなかったのですがおかげで卒業後も丁寧な運転をするようになりました。そういう意味ではよかったのかなあと思います。

あと向こうで講習時間以外にやっていたことは温泉巡りや観光地巡りですね。往復の新幹線代も出ますしある意味交通費なし宿泊費なしの旅行みたいなものなので旅行気分で言ったほうが絶対いいと思います。

本来の目的からそれすぎてもいけませんが本業に集中するためにもそういう息抜きを挟んだほうが集中もできるかとは思いますね。

今合宿免許を考えているという人に自分から何かアドバイスすることができるとすれば一つは申し込みの時期を早くすること。

旅行で旅館を予約するときと同じで当たり前ですが早くに予約しないと直前期にはほとんど枠が埋まってしまいます。自分は直前になってしまったので選択できる学校が少なく、そのうえ値段も高くなってしまいました。時期をずらそうにも大学の休みの時期との兼ね合いもありずらすことができずに大金を払い合宿に行くことを選びましたが早くに予約して損することは気が変わらない限りおそらくないと思います。

ですのでなるべく早めに予約することをお勧めします。それから自分は一人で参加することになったのですがなるべく友人と一緒に行ったほうが良いかもしれません。友人の現地での知り合いや仲良くなった人も自分の友人になるので交友範囲が広がるスピードが確実に一人よりも早いと思います。

あとは現地で観光をしたりすることを考えて交通の便が良いところや観光地があるような学校をを選ぶほうがいいのかなとは個人的には思いました。